最新の食 欧米化 問題について

食の欧米化が問題になっています

ここ数日、あなたが口にしたものを思い起こしてみてください。
特に、主食は何でしたか。
ご飯ではなく、パンやパスタなどの小麦製品という人も結構多いのではないでしょうか。
パンにはまずバターを塗ります。
そして付け合わせにはウインナー、スクランブルエッグ、チーズなどが並びます。
戦後日本人は、米の消費量が減り、代わりに肉、たまご、牛乳、油脂類などの消費が増えています。
小学校の給食の献立でも、ご飯とパンの割合が半分ずつだったりします。
それだけ欧米化が進んでいるのです。
ここ最近、日本人に大腸がんや乳がんなどの病気が多くなっていて、それは高カロリー、高脂肪などと深いかかわりがあるそうです。
これを予防するには、野菜や果物、豆などの植物性のものを中心に、植物性の油を使って調理することが大切です。
日本のソウルフードおにぎりは世界の人々にも愛されて広く知られるようになりました。
食の欧米化の問題を解決するには、おにぎりとそれに合う梅干しや漬物、和風のおかずを毎日摂るようにするといいのかもしれません。